秘書専門の求人はマインズ 秘書専門の求人はマインズ

業界専門の専任コンサルタントがあなたの転職を徹底サポート!

マインズは
秘書・アシスタント求人に特化した
国内唯一の転職エージェントです

  • アイコン:クリップボードに留めた書類

    圧倒的な求人数と
    5000件以上の実績

    秘書業界に特化しているからこそ、これまで築いてきた企業トップや経営陣とのネットワークを活かした豊富な求人情報をご紹介できます。 非公開求人はもちろん、マインズだけがご案内できる独自の求人も多数ございます。

  • アイコン:棒人間2人

    書類通過率70%!
    コンサルタントが徹底サポート

    秘書専門のコンサルタントが、皆様の経験やスキル、お人柄を最大限にアピールできるようバックアップ。他社エージェント経由で書類選考NGとなった方でも、マインズ添削後の再応募で内定に至った実例もございます。

  • アイコン:吹き出し

    他社にはない詳細でリアルな
    求人情報をご提供

    応募先企業の社風や職場環境、過去にあった具体的な面接内容、さらには上司の性格や趣味・志向まで、把握している情報量が非常に多いこともマインズならでは。弊社でしか知り得ない独自情報をしっかりとご提供いたします。

例えばこんな求人があります

  • 写真:企業イメージ

    東証一部上場のグローバルメーカー

    社長秘書

    ~600万円

    ・創業100年を超える優良企業
    ・充実した福利厚生

  • 写真:企業イメージ

    日系大手総合商社

    役員秘書

    ~550万円

    ・安定企業(業界トップ企業が主要取引先)
    ・休日・休暇も多く、手厚い福利厚生も魅力

  • 写真:企業イメージ

    世界最大級のコンサルティングファーム

    Executive Secretary

    500万円~700万円

    ・プロフェッショナルが集結
    ・組織・人事制度も整った安定企業

  • 写真:企業イメージ

    外資系製薬会社

    外国人付き秘書

    600万円~800万円

    ・世界規模の市場シェアを獲得
    ・落ち着いた風土で働きやすい環境

  • 写真:企業イメージ

    最先端のITサービス企業

    社長秘書

    400万円~500万円

    ・各種メディアにも多数取り上げられています
    ・洗練されたオフィス空間

  • 写真:企業イメージ

    大手法律事務所(女性が多数活躍中)

    弁護士秘書

    350万円~450万円

    ・ワークライフバランスの良い就業環境
    ・産休復帰率95%

  • 写真:企業イメージ

    独立系投資ファンド

    Executive Assistant

    500万円~750万円

    ・業界最大手の出身者が集結
    ・能力に応じた高い報酬をコミット

  • 写真:企業イメージ

    誰もが知る大手広告系企業

    秘書 兼 部門アシスタント

    420万円~540万円

    ・業界リーディングカンパニー
    ・整った福利厚生で女性定着率も高い

※写真はイメージです。過去の求人を含みます

取引実績(一例)

  • メーカー・商社

    三菱自動車工業㈱ / 住友グループ / JXTGグループ / 日立グループ / パイオニアグループ

  • 流通小売・サービス

    シャングリ・ラホテル / ヒルトングループ / セブン&アイグループ
    サントリーホールディングス㈱ / T&Gグループ

  • 広告・エンタメ

    電通グループ / ㈱アミューズ / ユニバーサルミュージック / オリコン㈱
    ガンホー・オンライン・エンターテイメント㈱ / ㈱アカツキ

  • ファッション・デザイン

    COACH JAPAN / コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド / ㈱桑山 / ㈱アダストリア
    ㈱マッシュホールディングス / ㈱ワールドグループ

  • コンサルティング・士業

    デロイトトーマツグループ / KPMG / PwC / アビームコンサルティング
    ドリームインキュベータ / 東京共同会計事務所

  • 金融・不動産

    三菱UFJ銀行 / みずほ銀行 / SMBCグループ / プルデンシャルグループ / 森ビル㈱
    東急不動産㈱ / 大和ハウスグループ

  • IT・Web

    Yahoo! JAPAN / Google Japan / 楽天グループ / フューチャーアーキテクト㈱ / TIS㈱

  • 医療・製薬・福祉

    ㈱ツムラ / 大鵬薬品工業㈱ / バイオジェン・ジャパン㈱ / フクダ電子㈱ / ㈱新日本科学
    セントケア・ホールディング㈱

上記のような大手企業はもちろん、
外資系企業、中小企業、ベンチャー企業など
様々な企業規模の入社実績が多数
ございます。お気軽にご相談ください!

MESSAGE コンサルタントからのメッセージ

写真:コンサルタント 吉田 成二 写真:コンサルタント 吉田 成二

秘匿性が高い「秘書職の転職」だからこそ、
豊富な情報量で「正しい転職」を実現します。

秘書専門のキャリアアドバイザーとして10年以上に渡り
10,000件を超える転職サポートをして参りました。
企業側へのヒアリングも私が直接行いますので、社長・役員が
求める秘書像をダイレクトに皆様へお伝えすることができます。
企業毎に異なる秘書のニーズを詳細に提供し、皆様が安心して
納得いく転職ができるよう全力でサポートして参ります。

コンサルタント 吉田 成二

INTERVIEW マインズを利用して転職した方の声

  • 写真:JX金属株式会社役員秘書 北川 理紗

    JX金属株式会社役員秘書
    北川 理紗
    (2018年入社)

    良い会社に巡り会えたことを
    感謝しています

    前職は外資系アカウンティングファームで秘書をしていたのですが、契約書の製本や
    顧客登録、請求書の発行作業など、どちらかというと営業事務のような業務をメインに
    していました。ただ、私としては、もっと経営者のサポートとなるような仕事が
    したかったこともあり、より大きなやりがいを求めて転職を決意しました。

    マインズさんの人材紹介サービスを受けてみて良かったと思うところは、取引企業の
    多さはもちろんですが、求人票を超える情報量の多さ。
    また、担当の方のサポートも大変きめ細かく、他の転職エージェントと比較しても群を抜いていると感じられ、安心してすべて任せることができました。

  • ●●●●

    日本板硝子株式会社役員秘書
    三好 早紀
    (2018年入社)

    素敵な方々と働くことが
    自身の励みになっています

    前職は金融機関で、営業職を3年、事務職を2年経験しました。そんな中、自分が成果をあげる業務よりも、どちらかというとサポーティブな業務の方が楽しいと感じることが多かったんです。転職では長期的なキャリアプランを考え、いわゆる専門職である秘書という職種に挑戦しました。

    転職活動中は、大手の転職エージェントさんにもいくつか登録はしましたが、マインズさんの情報量は圧倒的でした。会社のカラーや求めている人物像など、求人票以上の情報が豊富に揃っており、面接などの対策がきっちりできました。働きながらの転職活動でしたが、担当の方にきめ細やかなサポートをしていただきました。

  • 写真:

    株式会社
    ドリームインキュベータ
    役員秘書大塚 奏子(左)
    社長秘書藤生麻奈美(右)
    (2018年入社)

    秘書仲間たちとの、
    互いに学びあえる環境

    秘書の採用に精通したマインズさんは、過去の実績から事務系の職種についての情報量がずば抜けていて、業界のトレンドにも詳しく、頼もしかったです。応募書類を添削いただくことで書類選考の通過率も上がり、面接へ挑む自信にもつながりました。選考が進み、マインズさんには常に細やかなアドバイスや励ましをもらい、じっくりと向き合っていただいたので、良い会社に内定をいただくことができました。
    これから、秘書やアシスタントの職に就きたいと考えている方には、ぜひマインズさんをおすすめしたいですね。

    ドリームインキュベータの秘書は、1ヶ所にかたまり横並びの席で働いています。コミュニケーションも取りやすく、互いに助け合い学び合いながら仕事をしています。激務の経営陣が仕事に専念できるよう、細やかな目配りや気配りを心がけていきたいと思っています。

FLOW 無料登録~入社までの流れ

  • STEP1 STEP1

    かんたんWeb登録

    こちらのフォームよりお申し込みください。
    登録から求人紹介・入社に至るまでサービスは全て無料です。

  • STEP2 STEP2

    必要書類のご提出

    登録確認後は、弊社からメール・電話にて、履歴書・職務経歴書・ヒアリングシート(希望条件などのアンケート)を依頼いたしますのでご提出ください。

  • STEP3 STEP3

    インタビュー

    コンサルタントとのインタビュー(面談・電話など)を実施いたします。
    現状や将来のビジョン、希望条件など、どんなことでもお気軽にご相談ください。

  • STEP4 STEP4

    求人のご紹介

    経験・ご志向・条件に合った求人をご紹介します。
    ※秘書専門エージェントとして、都内随一の求人数を誇ります。

  • STEP5 STEP5

    書類選考
    (レジュメ指導・添削)

    高い通過率を誇る応募書類は、ご経験や実績、長所などを整理し、業界・企業毎に細かく指導します。書類で伝わりにくい人柄・志向等もマインズ経由で補足・推薦いたします。

  • STEP6 STEP6

    面接
    (面接対策)

    他社では知りえない企業内部の詳細な情報(職場環境、カルチャー、上司の人物像、企業の成長性・マーケット動向など)をもとに、企業に合った面接対策を行います。

  • STEP7 STEP7

    入社
    (内定・条件交渉)

    条件や入社日の調整から、現職の退職交渉のアドバイスまで行います。転職のゴールは入社ではなく「入社後のご活躍」ですので、アフターフォローも承っています。

FAQ よくあるご質問

Q.

マインズではどのような転職サポートをしてもらえますか?

A.

秘書アシスタント専門のエージェントとして、一人一人異なるバックグラウンドやニーズに沿って、システマチックにならないよう、様々な観点からきめ細やかにサポートさせて頂きます。

転職サポート内容

  • 転職相談(市場の現状・動向、企業毎の将来性や優位性などを踏まえた長期的なアドバイス)
  • 具体的な仕事内容のレクチャー
  • 求人紹介
  • 応募書類の添削、役員へのダイレクトな推薦
  • 一度見送りとなった企業へマインズから再応募
  • 面接対策
  • 各企業の情報提供(他社エージェントからは聞けない社内事情など詳細な情報を提供します)
  • 条件面の交渉、入社時期調整、退職相談(円満退職に向けたアドバイス)
  • 就業環境・業務上の不安相談など(入社後も含む)

コンサルタントは経験豊富なスペシャリストが集っていますので、他社エージェントやハローワーク等と比較しても有意義な活動ができるとご評価頂いております。

Q.

マインズで紹介してもらえる求人は正社員ですか?

A.

ほとんどが正社員の求人です(派遣・紹介予定派遣の求人は一切なし)。稀に契約社員もありますが、以下のケースがほとんどです。

  • 試用期間中のみ契約社員(雇用条件や福利厚生は正社員とほぼ同じ)
  • 入社後に正社員登用される事が前提
  • 会社の規定で契約社員となるが、あくまでも長期就業が前提

マインズでは皆様が安心して長期的に就業できる求人をご提供しております。

Q.

派遣しか経験がないのですが、転職できますか?

A.

もちろん、正社員として転職することが可能です。
企業応募時には、当社が応募書類の内容をチェック・添削しますのでご安心ください。
あとは面接時に秘書の実務スキル・適性・意欲をしっかり伝えられるよう事前対策をしましょう。

派遣経験のみの方が企業から懸念されがちなポイント(あくまで一例)

  • 仕事内容よりも、会社の知名度・オフィス環境・給与など外的環境に執着する志向があるのではないか?
  • 決まった時間・決まった業務のみしか対応してもらえないのではないか?
  • 会社への帰属意識が低く、何か不満があるとすぐに退職するのではないか?
  • 派遣秘書は業務範囲が限られる為、秘書としてスキル不足ではないか?

→上司が本業に集中できる環境づくりを行う「サポートのプロフェッショナル」として、経験もさることながら、働く上での意識・姿勢も同様に重視されます。上記を参考にしっかりと事前準備をして選考に臨むことで良い結果につなげていきましょう。

紹介予定派遣で就業を開始したが正社員になれず、契約満了してしまうケースも往々にしてあります。
マインズでは派遣の仕事は紹介しておらず、社員として転職することをお勧めしています。

Q.

履歴書・職務経歴書の書き方がわかりません

A.

レジュメ指導・添削を致します。秘書専用のレジュメサンプルも用意しており、マインズによる書類通過率の高さ(70%以上)には理由があります!

履歴書・職務経歴書の書き方がわからないという質問を多く頂きます。
マインズでは秘書独自のレジュメの書き方をお伝えし、専用サンプルも用意しております。
また、応募企業ごとに微調整をしながら添削・ブラッシュアップも行う為、業界平均の書類選考通過率が20%前後といわれる中で、弊社では70%という圧倒的な高確率を誇ります!
詳細は登録後の面談を通じてお伝え致しますので、お気軽にご相談ください。

Q.

複数企業の選考を同時に進めることは可能ですか?

A.

同時進行も、もちろん可能です。

4~5社の選考を同時に進めることは多く、書類選考だと10社程度を進める場合もあります。
現職中の場合は、面接できる日時が限られますが、当社が代理でスケジュールを調整致しますので、スムーズかつ効率的な面接が可能です。複数の企業を比較検討した上で、自分にベストな転職先を選択することをお勧めしております。

Q.

面接への不安があります

A.

各企業の特徴を踏まえた面接対策で、皆様から大変喜ばれております。

相手(企業)を少しでも知ることが、一番の面接対策となります。企業情報は勿論、担当上司の性格・趣味・志向、また面接官の人柄や面接会場の雰囲気にいたるまで、求人票や他社エージェントでは知ることができない独自の詳細情報をご提供します。

面接対策

  • 募集ポジション詳細、仕事内容
  • 求められるスキルや人物像
  • 募集背景、配属先や秘書の体制
  • 上司の性格・趣味・志向
  • 会社のカルチャー、人間関係、職場環境
  • 具体的な仕事内容のレクチャー
  • 過去にあった具体的なやり取り
  • 想定される質問内容に対する対策
  • 筆記試験内容、適性テスト内容など

マインズ経由で入社実績のあるクライアントも多く、担当役員や現任秘書から直接ヒアリングが可能です。
また、企業訪問したコンサルタントが直接皆様へ情報提供致しますので情報がズレる事もありません。

他社エージェントには把握しきれない詳細な内容まで提供可能です。

公募している企業の諸情報を含め、あらゆる秘書案件を掌握しております。

Q.

現在就業中ですが、転職活動はいつ頃から始めるのが良いでしょうか?

A.

入社希望時期のおよそ3ヶ月前から企業への応募を始めるのが一般的です。

秘書の場合は、欠員・後任募集など急ぎの募集が多く、面接回数も2回程度が一般的で、中には面接1回で合否を決定するケースもあるなど、選考がスピーディーに進んでいく傾向にあり、早い人であれば、応募から1週間程度で内定となる場合もございます。

また、一般的に企業としては、内定後1~2ヶ月程度で入社して欲しいと考えている為、内定後の入社日が3ヶ月以上先になる場合は、内定取り消し(もしくは選考NG)となるケースもございます。

もちろん、応募前の準備(スキル・志向の棚卸・情報収集など)については入社時期の3ヶ月前といわず、早めから準備を進めて頂いて問題ありません。

Q.

今の会社を辞めるべきか迷っています…

A.

お悩み中の方がほとんどです。客観的にアドバイスさせて頂きます。

マインズには経験豊富なコンサルタントが多数おります。現在の就業状況、今後の方向性など様々な角度からお話しを伺い、最良の決断となるよう、いろいろな選択肢を提案させて頂きます。

Q.

今の会社に転職活動をしていることを知られたくないです

A.

個人情報は厳守致しますので、転職活動中であることが漏洩することはありません。現職中に転職活動を行い、転職先が決まってから現職へ辞意を伝える方がほとんどです。

平日の終業後や、場合により休日の面接調整も可能です。求人情報のリサーチや職務経歴書の修正などもマインズがサポートしますので、一人で行う転職活動よりも効率的な動きができるはずです。

Q.

掲載している求人の詳細を教えてもらえますか?

A.

マインズへ登録されていない場合、詳細をお伝えする事はできません。

秘書求人は秘匿扱いとする企業が多く、おおやけには公開できないものです。就業場所や企業名などを知りたい気持ちは分かりますが、容易に情報をお伝えすることはできませんので、マインズへ登録後、ご紹介可能な方に対しては求人情報を開示させて頂きます。何卒ご了承ください。

Q.

地方から首都圏への転職は可能ですか?

A.

上京を希望される方に対しての、転職サポート・入社実績も多数ございます。

ビジネスの中心である東京(首都圏)で秘書を目指す方の成功事例も多々ございます。
面接は、上京される日時にあわせて複数社の面接を同日調整することも可能です。また、遠方である点を考慮し「1次面接をSkypeや電話で実施」して頂いたり、通常2回の面接を1日で実施頂けるケースもございます。
いずれもご相談頂ければ、可能な範囲で各企業と調整致します。

Q.

そもそも秘書ってどういう仕事でしょうか?

A.

経営者、役員、士業・医師など、さまざまなプロフェッショナルの方を陰で支えるのが秘書の仕事です。

秘書という言葉だけで通り一遍ではありませんが、スケジュール管理、電話・メールや来客対応、ファイリング、資料作成、情報管理、身の回りの環境整備などを主業務として、上司がいかに効率よく仕事できるかを考え、裏から支えるサポート業務です。
セクレタリー(Secretary)と呼ぶ企業もあります。
事務処理能力やコミュニケーション力など、ビジネスマンとして、どこでも使えるスキルが身に付くだけでなく、その道のプロフェッショナルともいえる方々の仕事を間近で見るという貴重な経験ができ、業務内容の多彩さから社会人としても一段階キャリアアップできます。

華やかに見える秘書は女性の憧れですが、多忙な上司をサポートし、幅広い仕事を行う為、大変な一面もあることはご理解ください。

秘書の業務内容

  • スケジュール管理
  • 電話対応、メール対応、来客対応
  • 会議調整、議事録作成
  • 出張手配、会合手配、経費精算
  • 社内各部門との調整
  • 取引先との諸連絡
  • 環境整備
  • 庶務など

その他、企業毎に異なりますが、下記業務もあります

  • 役員との社外帯同業務、海外出張、国内出張
  • 会議の議事録係
  • 部門のアシスタント業務、庶務・総務・受付
  • 営業サポート、営業アシスタント業務
  • 社内清掃、役員部屋の環境整備
  • 配車手配、車の運転・移動
  • その他
Q.

未経験でも求人を紹介してもらえるのでしょうか?

A.

もちろん紹介可能です。秘書未経験でも転職された実績は多数あります!

秘書経験があれば、ご紹介できる求人の幅は広がりますが、未経験者でも素養があり、秘書を目指す気持ち・モチベーションがあれば受け入れて頂ける企業も多々あります。接遇やホスピタリティ、臨機応変な対応力、基本PCスキルなどが備わっていれば問題ありません。秘書検定などの資格も有利に働きます。未経験だからと諦めず、秘書に近い経験を少しでも多く整理し、選択肢を狭めず、広い視野で進めていく事が成功の秘訣です。

※事務未経験でも転職成功事例が多数ございます。

秘書未経験で転職された方の前職例

  • 客室乗務員
  • 営業アシスタント、営業
  • ラグジュアリーブランドの接客、アパレル業界
  • ホテルなどの受付・コンシェルジュ
  • モデル・芸能・マネージャー

上記以外からも、秘書への転職事例が多数ございます。

Q.

どういった人が秘書に向いているのでしょうか?

A.

・サポート役に徹することができる人
秘書は上司のサポートをする存在です。自分の仕事はあくまでも上司の仕事を手助けすること。それを常に忘れることなくサポート役に徹することができる人、自分優先ではなく、相手が喜ぶことにやりがいを見出せる人は、秘書に向いています。重役の秘書になると取引先やお客様、そして社内からも丁寧な対応をされることが多い為、ついつい自分まで偉くなったと勘違いしやすいですが、どれだけ偉い上司の下についても謙虚さを忘れないことが大切なポイントです。

・機転が利き、先回りした行動ができる人
口に出して言われなくても、相手が望むことを察知して動けるような人は秘書に向いています。先回りして行動することは、秘書として大切なスキルの一つです。ただし、上司の性格は十人十色で「秘書にはこんな風に行動してほしい」という要求もそれぞれ異なります。相手の求めることを正確に見極め、どんな場面でも気を利かせた行動ができる人は、秘書の適性があると言えます。

・几帳面かつ柔軟性がある人
日々上司のスケジュール管理や機密事項を扱う為、几帳面かつマメであることが望まれます。メールチェックや郵便物の確認など、毎日決まった仕事を正確にこなすことも大切です。しかし、多忙な上司にとって突発的な予定変更・キャンセルなど、イレギュラーが発生することも日常茶飯事です。その為、融通が利かない人や頑固な人よりも、いつでも臨機応変に立ち回れる柔軟性を持っている人のほうが、秘書としては向いているといえます。

・明るく笑顔で仕事ができる人
どんなに事務処理能力や語学力に優れた秘書であっても、毎日暗い表情でボソボソと話すような人であれば、上司はその秘書と一緒に仕事をしたいとは思わないでしょう。秘書をつけるような立場の上司は常に大きなプレッシャーを抱えている為、疲労困憊することもあります。そんな時、秘書が明るく元気でいれば、上司も気分良く仕事に打ち込めます。

Q.

秘書の転職において、取るべき資格はありますか?

A.

・秘書検定
やはり、秘書になりたいなら取りたい資格です。試験は3級、2級、準1級、1級の4段階に分かれています。どの級も基本的には筆記試験があり、さらに準1級と1級については面接試験が加わります。2級までは独学で何とかなりますが、それ以上となると面接もある為、徐々にハードルは上がります。

・英語力
昨今の秘書業務では英語力を必要とするものが多くあります。英語力がある方は、スキルの裏付けとなる検定やテストを受けておきしょう。お勧めはTOEICです。こちらは定期的に受験し、スコア更新していくことをお勧めします。資格が全てではありませんが、スキルの裏付けからくる安心感で、選ばれる確率は上がります。

・国際秘書検定(CBS)
企業のグローバル化が進む現在、国際標準語である英語と併せて、高度な技能と幅広い知識、サポート能力、コミュニケーション能力を持った秘書のニーズはとても多く、外資系やグローバル企業などには有利な資格です。英語力を活かした秘書のエキスパートになるために取得されている方は増えています。

・マイクロソフトオフィススペシャリスト
上司に代わって事務処理をする為、パソコンで書類を作成する事もあります。最低限のPCスキルとして、Word、Excel、メール対応は必須となります。また「Power Pointでプレゼン資料作成」などを行う場合もありますので、パソコンの知識・スキルは不可欠といえるでしょう。

・日商簿記検定
一定以上の役員につく秘書なら、財務諸表を見る機会もあるかもしれません。決算書作成などは不要ですが、財務諸表にある内容が少しでも理解できると、会社全体を俯瞰して見る能力も磨かれ、より存在価値が高まることでしょう。

・普通自動車運転免許
専属ドライバーを付けている企業もありますが、まれに秘書が車を運転する案件もあります。日常的に運転をするわけではなく、駐車している場所から少し移動させるだけでも、免許がなければ困るものです。AT専用免許でも構わないので持っていた方が無難です。どんな仕事にもチャレンジしたい方は、時間がある際に取得してみてください。

Q.

なぜ転職サポートを無料で受けられるのでしょうか?

A.

マインズの人材紹介は、国から許認可を受けた有料職業紹介事業者として、求人の依頼元(企業・団体)からコンサルティング料を頂く事業モデルとなっているからです。

FORM 無料転職サポートお申し込みフォーム

図:フォーム送信の流れの「入力」の段階

氏名

年齢

お住まいの都道府県

携帯番号

メールアドレス

最終学歴

経験職種
(複数選択可)

経験社数

(現職企業を含む)

現職の企業名

※離職中の方は前職を入力

雇用形態・現況

英語力

個人情報取り扱い規約

1.個人情報の提供について
弊社は、本ウェブサイトをご利用になる方の個人情報を収集させていただく場合には、その使用目的と、使用する情報の範囲、および情報を開示する対象の範囲をあらかじめ通知した上で収集させていただきます。
2.個人情報の使用について
弊社は、本ウェブサイトをご利用になる方から収集した個人情報を、あらかじめ通知した使用目的、情報の内容、および開示する対象の範囲内においてのみ使用します。
3.個人情報の第三者への開示について

弊社は、正当と認められる理由がない限り、本ウェブサイトをご利用になる方から収集した個人情報を第三者に開示・提供することはありません。ただし、次の各号の場合には、本ウェブサイトをご利用になる方の事前の同意なく、弊社はご利用者の個人情報を開示できるものとします。

<法令に基づき開示を求められた場合>
弊社、又はその他の第三者の権利、利益、名誉、信用等を保護するために必要であると弊社が判断した場合。弊社の協力会社と提携して業務を行う場合。

4.個人情報の管理について
弊社は、本ウェブサイトをご利用になる方から収集した個人情報を適切に管理し、紛失・破壊・誤用・改変、および第三者への不正な流出、第三者からの不正なアクセスから保護するために、合理的な手段により安全対策を講じます。弊社の従業者に個人情報を取り扱わせるにあたっては、個人情報の安全管理が図られるよう、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。弊社の協力会社と提携して業務を行う場合、協力会社に対しても必要かつ適切な管理を要求いたします。
5.セキュリティ上の安全対策について
弊社は、本ウェブサイトで、お客様の個人情報を不正なアクセスから守るため、お客様情報などの入力時には、これらの情報が盗聴・妨害されることを防ぐ目的でSSL(Secure Sockets Layer)という業界標準の暗号方式を使用しています。
6.クッキー(cookie)等について
弊社は、アクセス履歴および利用状況の調査のため、本ウェブサイトご利用者がサーバにアクセスする際のIPアドレスに関する情報、携帯電話端末でアクセスした場合には携帯端末の機体識別番号に関する情報、およびクッキー(cookie)の技術を使用してご利用者のアクセス履歴等に関する情報を収集します。ご利用者がブラウザでクッキーを拒否するための設定を行った場合、弊社ウェブサイトのサービスのご利用が制限される場合がございますので、あらかじめご了承願います。
7.個人情報保護方針の変更について
弊社は、個人情報の取り扱いに関して適用される法令を遵守するとともに、弊社が妥当と判断する理由および関連法令の変更などに伴い、上記に定めた個人情報保護方針を予告なく改定することがあります。改訂につきましては、随時、このページに記載いたします。
8.準拠法および管轄裁判所
本ウェブサイトのご利用並びに、サイトの内容の解釈については、日本国の法律を準拠法と致します。又、弊社ウェブサイトに係わるすべての紛争については、東京地方裁判所の管轄とします。以上

入力内容を確認する