よくある質問
(仕事をお探しの方)

  • どのように登録すればよいのでしょうか?
    →まずは当ホームページから登録してください。 →登録フォームへ

    皆様の初期情報・職歴・スキル・資格・希望条件などをフォームに沿って入力下さい。
    履歴書・職務経歴書をお持ちの方は、フォーム上で添付いただけます。

    <全て無料です。>
    登録・カウンセリング・求人紹介・入社まで、マインズから提供するサービスは、全て無料で一切費用は頂きません。
    (企業側から採用コンサルフィーを頂いております)

  • 登録後の流れは?
    →弊社からメール・お電話にてご連絡し、まずは必要書類をご提出頂きます。

    その後は、状況により弊社コンサルタントとのインタビューを実施致します。
    現状確認、キャリアビジョン、志向、希望条件等のヒアリングなどを行います。

    • ※登録後の各種対応、やり取り等からも、秘書としての素養をスクリーニングさせて頂いております。
    • ※社会人マナーの欠如、対応の粗雑さ、理由のないレスポンス遅延などは「秘書としての適性に欠ける」と判断し、サービス提供が難しい場合もございますのでご理解願います。
    • ※希望条件や経験値のミスマッチ、企業の求める内容と乖離する場合等、案件紹介が難しい場合もあります。
  • 自宅にパソコン環境がない場合、レジュメはどう作成すれば良いのでしょうか?
    →登録時には手書きのレジュメを郵送にてお送り頂いても構いません。もしくは公的機関のPCや、インターネットカフェなどのPCを利用してレジュメを作成し、フリーメールからご送付いただく方もいらっしゃいます。

    通常は電子データのレジュメをご送付頂きますが、PCが故障していたり自宅にPCが無い場合、登録時は手書きのレジュメをご郵送ください。転職活動を進める上で、PCは必要アイテムとなり、各企業で書類選考をするためには電子データでの選考がほとんどとなっております。(秘書としてどのような字を書くかを見定める為、面接時に手書き履歴書を持参する企業はあります。)

    ※正式に各企業にアプライ(書類選考)する場合は、マインズが添削した上で行いますので登録時のレジュメは簡易的なもので構いません。

  • マインズの転職サポートは、どんな内容ですか?
    →秘書を中心とした専門エージェントとして、それぞれの方に沿った転職アドバイスを行い、システマチックにならぬよう様々な観点からサポートさせて頂きます。

    初めて転職活動をする場合、何からすれば良いのか分からない人も多いと思います。転職を成功させるにはコツがありますが、希望する業種や業務内容、会社の規模、自分のスキルなどによりアプローチの仕方が変わります。
    求人誌や求人サイトを利用して自分で探すとかなりの労力が必要になります。そこでマインズでは下記のような転職支援サービスを実施しております。

    (転職サポート内容)

    • ・転職相談(マーケットの現状・動向、各企業毎の将来性や優位性などを踏まえた長期的なアドバイス)
    • ・求人紹介
    • ・レジュメ(履歴書・職務経歴書など)の添削
    • ・面接対策
    • ・役員へのダイレクトな推薦
    • ・一度見送りとなった企業へマインズから再アプライ
    • ・具体的な仕事内容のレクチャー
    • ・各企業の情報提供(他エージェントではもっていない社内事情、情報提供をさせて頂きます)
    • ・条件面の交渉
    • ・入社時期調整
    • ・退職相談(円満退職に向けたアドバイス)
    • ・就業環境・業務上の不安相談など
    • ※コンサルタントは経験豊富なスペシャリストが集っていますので、
      他社エージェントやハローワーク等に比較しても有意義な活動をして頂けると自負しております。
  • そもそも秘書ってどういう仕事なんでしょうか?
    →経営者や役員層など、さまざまなプロフェッショナルを陰で支えるのが秘書の役割です。

    経営者、役員、士業・医師など、さまざまなプロフェッショナルの方を陰で支えるのが秘書の仕事です。
    秘書という言葉だけで通り一遍ではありませんが、スケジュール管理、電話・メールや来客対応、ファイリング、資料作成、情報管理、身の回りの環境整備などを主業務として、 上司がいかに効率よく仕事をしてもらえるかを考えながら裏から支えるサポート業務です。セクレタリー(Secretary)と呼ぶ会社もあります。
    その道のプロフェッショナルともいえる方々の仕事を間近で見るという貴重な経験ができ、業務内容の多彩さから社会人としても一段階キャリアアップできる秘書。事務処理能力やコミュニケーションスキルなど、ビジネスマンとして、どこでも使えるスキルを身に付ける事ができます。

    ※華やかに見える秘書は女性の憧れですが、幅広い仕事を行うため、大変な一面もあることはご理解ください。

    (秘書の業務内容)

    • ・スケジュール管理
    • ・電話対応、メール対応、来客対応
    • ・会議調整、議事録作成
    • ・出張手配、会合手配、経費精算
    • ・社内各部門との調整
    • ・取引先との諸連絡
    • ・環境整備
    • ・庶務など
    • (その他、企業毎に異なりますが、下記業務もあります)
    • ・配車手配、車の運転・移動
    • ・役員との社外帯同業務、海外出張、国内出張
    • ・会議の議事録係
    • ・部門のアシスタント業務、庶務・総務
    • ・営業サポート、営業アシスタント業務
    • ・受付業務を兼務
    • ・会議の議事録係
    • ・社内清掃、役員部屋の環境整備
    • ・その他
  • 未経験でも案件を紹介してもらえるのでしょうか?
    →もちろん紹介可能です。秘書未経験でも就職された実績は多数あります!

    秘書経験があれば、ご紹介できる求人の幅は広がりますが、未経験者でも素養があり、秘書になりたい気持ち・モチベーションがあれば受け入れて頂ける企業も多々あります。
    前職の経験内容や接遇・ホスピタリティ・臨機応変な対応力が備わっていれば問題ありません。
    秘書検定などの資格があるのも有利に働きます。
    未経験だからと諦めず、志望動機や秘書に近い経験が少しでもないか整理し、
    あまり選択肢を狭めず、広い視野で進めていく事が成功の秘訣です。

    • ※事務未経験でも成功事例が多々ありますので、コンサルタントから、見合った求人をご提案します。

    (秘書未経験の前職ランキング)

    • ①客室乗務員
    • ②営業アシスタント、営業職
    • ③ラグジュアリーブランドの接客、アパレル業界
    • ④ホテルなどの受付・コンシェルジュ
    • ⑤芸能関連

    ※上記以外の業種からも、秘書として多々活躍されています。

  • どういった人が秘書に向いているのでしょうか?
    →下記ご参照ください。

    サポート役に徹することができる人
    秘書は上司のサポートをする存在です。自分の仕事はあくまでも上司の仕事を手助けすること。それを常に忘れることなくサポート役に徹することができる人、自分優先ではなく、相手が喜ぶことにやりがいを見出せる人は、秘書に向いています。重役の秘書になると取引先やお客さま、そして社内からも丁寧な対応をされることが多いため、ついつい自分まで偉くなったと勘違いしやすいですが、どれだけ偉い上司の下についても謙虚さを忘れないことが大切なポイントです。

    機転が利き、先回りした行動ができる人
    口に出して言われなくても、相手が望むことを察知して動けるような人は秘書に向いています。先回りして行動することは、秘書として大切なスキルの一つです。ただし、上司の性格は十人十色で「秘書にはこんな風に行動してほしい」という要求もそれぞれ異なります。相手の求めることを正確に見極めて、どんな場合でも気を利かせた行動ができる人は、秘書の適性があると言えます。

    几帳面かつ柔軟性がある人
    日々上司のスケジュール管理や機密事項を扱うため、几帳面かつマメであることが望まれます。メールチェックや郵便物の確認など、毎日決まった仕事を正確にこなすことも大切です。しかし、多忙な上司にとって突発的な予定変更・キャンセルなど、イレギュラーが発生することも日常茶飯事です。そのため、融通が利かない人や頑固な人よりも、いつでも臨機応変に立ち回れる柔軟性を持っている人のほうが、秘書としては向いているといえます。

    明るく笑顔で仕事ができる人
    どんなに事務処理能力や語学力に優れた秘書であっても、毎日暗い表情でボソボソと話すような人であれば、上司はその秘書と一緒に仕事をしたいとは思わないでしょう。秘書をつけるような立場の上司は常に大きなプレッシャーを抱えているため、疲労困憊することもあります。そんな時、秘書がいつも明るく元気でいれば、上司も気分良く仕事に打ち込めます。

  • 秘書に向けた資格はありますか?
    →下記ご参照ください。

    秘書検定
    やはり、秘書になりたいなら取りたい資格です。
    試験は3級、2級、準1級、1級の4段階に分かれています。どの級も基本的には筆記試験があり、さらに準1級と1級については面接試験が加わります。2級までは独学で何とかなりますが、それ以上となると面接もあるため、徐々にハードルは上がります。

    英語力
    昨今の秘書業務では英語力を必要とするものが多くあります。英語力がある方は、スキルの裏付けとなる検定やテストを受けておきしょう。お勧めはTOEICです。こちらは定期的に受験し、スコア更新していくことをお勧めします。資格が全てではありませんが、スキルの裏付けからくる安心感で、選ばれる確率は上がります。

    国際秘書検定(CBS)
    企業のグローバル化が進む現在、国際標準語である英語と併せて、高度な技能と幅広い知識、サポート能力、コミュニケーション能力を持った秘書のニーズはとても多く、外資系やグローバル企業などには有利な資格です。英語力を生かした秘書のエキスパートになるために取得されている方は増えています。

    マイクロソフトオフィススペシャリスト
    上司に代わって事務処理をするため、パソコンで書類を作成する事もあります。最低限のPCスキルとして、Word、Excel、メール対応は必須となります。また「Power Pointでプレゼン資料作成」なども行う場合もありますので、パソコンの知識・スキルは不可欠といえるでしょう。

    日商簿記検定
    一定以上の役員につく秘書なら、財務諸表を見る機会もあるかもしれません。決算書作成などは不要ですが、財務諸表にある内容が少しでも理解できると、会社全体を俯瞰して見れる能力も磨かれ、より存在価値が高まることでしょう。

    普通自動車運転免許
    専属ドライバーを付けている企業もありますが、まれに秘書が車を運転する案件もあります。日常的に運転をするわけではなく、駐車している場所から少し移動させるだけでも、免許がなければ困るものです。AT専用免許でも構わないので持っていた方が無難です。どんな仕事にもチャレンジしたい方は、時間がある際に取得してみてください

  • 派遣しか経験がないのですが、就職できますか?
    →もちろん、正社員として就職することが可能です。

    企業応募時には、当社が応募書類の内容をチェック・添削しますのでご安心ください。
    あとは面接時に秘書の実務スキル・適性・意欲をしっかり伝えられるよう事前対策をしましょう

    【派遣経験のみの方が企業から懸念されがちなポイント(あくまで一例)】

    • ・仕事内容よりも、会社の知名度・オフィス環境・給与など外的環境に執着する志向?
    • ・決まった時間・決まった業務のみしか対応してもらえない?
    • ・会社への帰属意識が低く、何か不満があるとすぐに退職するのではないか?
    • ・派遣秘書にはお任せできる業務が限られるため、秘書としてスキル不足?

    →上司が本業に集中できる環境づくりを行う「サポートのプロフェッショナル」として、経験もさることながら、働く上での意識・姿勢も同様に重視されます。

    上記を参考にしっかりと事前準備をして選考に望むことで良い結果につなげていきましょう。

    ※紹介予定派遣で就業を開始したが正社員になれず、契約満了してしまうケースも往々にしてあります。
    マインズでは派遣の仕事は紹介しておらず社員として就職することをお勧めしています。

  • 履歴書・職務経歴書の書き方がわかりません
    →レジュメ指導・添削を致します。秘書専用のレジュメサンプルも用意しており、マインズによる書類通過率の高さには訳があります。

    履歴書・職務経歴書の書き方がわからないという質問を多くいただきます。マインズでは秘書独自のレジュメの書き方をお伝えし、専用サンプルも用意しております。応募企業毎に微調整をしながら添削・ブラッシュアップを行うため、書類選考通過率は圧倒的に高い状況です。詳細は登録後の面談を通じてお伝え致しますので、お気軽にご相談ください。

  • 履歴書に貼る証明写真はどういうものが良いのでしょうか?
    →写真の取り方も弊社よりアドバイス致します。秘書用の写真を撮って頂ける写真店のご紹介も可能です。

    秘書の選考では、証明写真も大変重要な選考ポイントとなります。携帯アプリやスピード写真など片手間で済ます方はそれなりの結果となってしまいます。お手数ですが、近隣でも写真館・カメラ屋さん等で撮影することをお勧めします。また、複数ポーズがあると、カルチャーの異なる企業への使い分けも可能です。写真原本だけではなく、CDROMなど電子データとしてもらえれば、長期的に汎用する事が可能になります。
    (写真原本をスキャナーで読み込むと、画質は粗くなってしまいます)

  • 面接への不安があります
    →各企業の特徴を踏まえた面接対策で、皆様から大変喜ばれています。
    相手を知らないことが不安につながります。

    マインズでは企業情報は勿論、担当上司の性格・趣味・志向、また面接官の人柄や面接会場の雰囲気にいたるまで、事前に少しでも相手を想像できるよう、他社にない細かな情報提供を行っております。

    (面接対策)

    • ・募集ポジション詳細、仕事内容
    • ・求められるスキルや人物像
    • ・募集背景、配属先や秘書の体制
    • ・上司の性格・趣味・志向
    • ・会社のカルチャー、人間関係、職場環境
    • ・具体的な仕事内容のレクチャー
    • ・過去にあった具体的なやり取り
    • ・想定される質問内容に対する対策
    • ・筆記試験内容、適性テスト内容など
    • ※他エージェントには把握しきれない詳細な内容まで提供可能です。
    • ※公募している企業の諸情報を含め、あらゆる秘書案件を掌握しております。
  • 面接時の服装やメイクなどはどうすれば良いでしょうか?
    →秘書としての清潔感、品、華麗さ等をイメージ頂くことを意識ください。どの面接でも基本ですが、清潔感のある髪型・メイク・服装にしましょう。

    (面接時の服装・メイク)

    ■髪型:
    顔にかかる前髪や、ロングヘアはまとめましょう。カラーリングをしている場合は、落ち着いた髪色にしておくのが無難です。
    ■メイク:
    ナチュラルメイクが基本ですが、地味になりすぎないようにしましょう。表情が明るく見えるメイクを心掛けてください。
    ■服装:
    スーツが基本で、色は黒・グレー・ネイビー等、柄は無地が無難です。但し、新卒時のようなリクルートスーツは避けた方が良いでしょう。 秘書職においては女性らしさも求められる為、ボトムスは、基本的にパンツスタイルよりもスカートの方が好まれます。
    ■靴:
    ヒールのあるもので構いません。但し、高すぎるものは控えましょう。中ヒール程度が無難です。肌色のストッキングなどを合わせるのがベター
    ■マニキュア:
    何も塗らないか、透明のもの、あるいはベージュや淡いピンクなど、控えめの色が好ましいです。長い爪は切り、立体的なデコレーションは外しましょう。
    ■アクセサリー:
    派手すぎないものであれば、付けて頂いて構いません。コーディネートが地味になりすぎないよう、工夫しましょう。尚、香水は原則NGです。
    • ※上記を基本に、企業の求める秘書像・風土に合わせたスタイリングを心掛けてください。
    • ※秘書という業務柄、その会社のイメージ・印象に繋がる為、常識をわきまえた服装であれば、多少の華やかさ・女性らしさが必要となってきます。
  • だいたい転職活動期間はみなさんどれくらいなのでしょうか?
    →一般的に3週間~2か月程度かかっています。

    早ければ1週間というケースもあります。面接1回で即決される場合も珍しくありません。大手企業等の選考は、面接が複数回になり、面接官のスケジュール調整に時間を要すなどの理由で、長い選考となる場合もあります。就業中の方の場合、面接日程の調整が難航しがちですが、当社が代行してスケジュールを調整しますので、効率的なアレンジが可能です。オファー条件の交渉や、円満退職に向けたアドバイスなども行わせて頂き、スムーズに転職できるよう強力にサポート致します。

    ※他エージェントでは3ヶ月などサポート期間が決まっている所もありますが、当社ではサポート期間の制限は設けておりません。

  • 今の会社を辞めていいのか迷ってます…
    →お悩み中の方がほとんどです。客観的にアドバイスさせて頂きます

    マインズには経験豊富なコンサルタントが多数おります。現在の就業状況、今後の方向性など様々な角度からお話しを伺い、いろいろな選択肢を提案し、最もベストな方法をお話しさせて頂きます。検討した結果、すぐに転職しない方が良いなどのアドバイスもさせて頂いております。

  • 現職の会社に転職活動をしていることを知られたくないのですが…
    →個人情報は厳守致しますので、転職活動中であることが漏洩することはありません。

    現職中に転職活動を行い、転職先が決まってから現職へ辞意を伝える方がほとんどです。平日勤務後や場合により休日の面接調整も可能です。求人情報のリサーチや職務経歴書の修正などもマインズがサポートしますので、1人で行う転職活動よりも効率的な動きができるはずです。

  • 掲載している求人の詳細を教えてほしい
    →マインズへ登録されていない場合、詳細をお伝えする事はできません。

    秘書求人は秘匿扱いとする企業が多く、おおやけには公開できないものです。就業場所や企業名などを知りたい気持ちは分かりますが、容易に情報をお伝えすることはできませんので、マインズへ登録後、ご紹介可能な方に対してのみ求人情報をお伝えさせて頂きます。何卒ご了承ください。

  • 複数の企業へ同時に選考を進めてもよいのでしょうか
    →同時進行も、もちろん可能です。

    4~5社の選考を同時に進めることは多く、書類選考だと10社程度を進める場合もあります。現職中の場合は、面接できる日時が限られますが、当社が代理でスケジュールを調整致しますので、スムーズかつ効率的な面接が可能です。複数の転職先を比較検討した上で、自分にベストな転職先を選択することをお勧めしております。

  • 地方から東京への転職は可能ですか?
    →上京を希望される方に対しての、転職サポート・入社実績も多数ございます。

    ビジネスの中心である東京で秘書を目指す方の成功事例も多々ございます。面接は、上京される日時に併せて複数社の面接を同日調整することも可能です。また通常2回の面接を、一日で実施頂けるケースもございます。いずれもご相談頂ければ、可能な範囲で各企業と調整致します。